30代半ばの、日々の日記です。


by mikkotakko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フルートレッスンの帰り道、怒られて泣いた

フルートネタなので、興味ない方はすっとばしてください。

今度の発表会でやろうとしている曲は、先生に滅茶苦茶怒られまくって、この曲私に向いてないよ!って何度も言われて、レッスンが厳しくて、帰り道、涙がでてしまいました。

大人の趣味でやってるのに、なんでここまでしてって自分でも思います。
36歳にもなって、まさか趣味のレッスンで泣くとは。。

そして、ここまで向いてない曲を果たして人前でやっていいのか。
先生は、勉強になるし、いい曲だからやろうと最初に言ってくれましたが、レッスンはこれまで以上に厳しくて。

もう怒られすぎて、どう吹いていいのか、どう吹きたいのか、楽しい気持ちもなくなってきました。

おいおい、暗いブログですみません。

今度やろうとしている曲はフルート二人とピアノです。
で、メンバーの一人が都合が悪くなってしまって、別の人に変更になったのですが、この方はそこそこ上手いし、いい音もでるのですが、早い曲が苦手で、想定していたテンポよりだいぶ落として吹くことになりました。

まぁ、みんな働いているし、出張やらなんらやで都合が悪くなるのはよくあることで、しょうがないという気持ちでいたのですが、このことを先生に言うと、私より落胆されて「え!また!!また、ただの思い出つくりになっちゃうの?」と。

またというのは、以前にもこういうことがあったり、メンバーのレベルの差があったりで、なかなか合奏でよい結果を出せていなかったのですね。

今回は最初のメンバの方はうまいと先生に伝えてあったので、だから先生もレッスンにいつもより熱が入っていたのですね。
だけど、この曲が私が苦手な感じの曲で先生も焦っていたのかもしれないです。

ここまで考えていてくれてたんだと、がっかりした先生の顔を見て、私のことすごく考えていてくれてたんだと。。気づかされました。


怒られすぎて、もう先生も変えたほうがいいのかとか色々ごちゃごちゃ悩んでいましたが、やっぱりまだ頑張らないといけないと思います。
先生に習って五年くらいたったのかな。


ほとんど怒られている記憶が多いのですが、それだけ真剣にレッスンしてくれているってことですもんね。

先生について少しはうまくなってきたと自分でも思うし。

うん。まだまだがんばるぞ!!






[PR]
by mikkotakko | 2014-10-27 20:02