30代半ばの、日々の日記です。


by mikkotakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:読書( 7 )

インプット

ビジネス書とかみてると、インプットとアウトプット両方やりなさい、みたいなことがよく書いてあります。

インプット(本読んだり、講演会を聞きに行ったり、自分の中に取り入れること)、
アウトプット(ブログや日記などで、自分の外に出していくこと)ですね。

ブログって思った以上に、毎日やっていくと消耗(?)していくものなんだと知りました。
いや、たいした記事書いてないし、写真がメインなので、こんなこと書くなんて大げさかもしれないですね。

最近、梅雨のせいもあるし、なんだか、ダルダルです。
服もどうでもいいカッコばかりしてて、アップするまでもないなって感じでお休みしてました。

これくらい休んでたら、アクセス数なども相当減るだろうなと思っていましたが、それほどでもなくて、少し驚きでした。更新していないのに、見ていただいて、申し訳ない気持ちです。
でも、ありがとうございます(>_<)


今はインプットすべき時期なのかなと
色々図書館で借りたり、amazonなど物色してます。

f0259550_20433650.jpg


池田晶子人生は愉快だ

この方は哲学者です。だけど、驚きの美貌!なんとJJのモデルも経験したことがあるそうです。
でもそのことは問題ではないです。
ものすごくものすごく美しい文体なのです。
内容はやっぱり哲学なので小難しくはあります。だけど、わかりやすい言葉を選んでくれてます。
色々自分が考えることを放棄していたり、また最初からまったく何も考えていなかったなと気付かされます。
沢山本をだしていらっしゃるので、これからゆっくり一冊一冊読んでいこうと思います。


米澤よう子先生パリジェンヌ流 着やせスタイリング

エキサイトブログでもやっていらっしゃいますね!!
素敵です!!色の組み合わせ方など、もうとても勉強になります。


ずっとやりたかったことを、やりなさい。
ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
amazonのレビューがとてもよかったので、手に入れましたが、まだ読んでいません。

なんでこんなの読もうと思ってるかというと、最近仕事してて(好きで選んだ仕事ですが)「なにやってるんだろう私」ってよく思ってしまって。
たんに寝不足で梅雨でだるくて、落ちてる時期なのかもしれないです。
35にもなってこんなの読むなんて青臭いかもしれませんが、こういう青臭いのが、自分なんですよね。。
[PR]
by mikkotakko | 2013-06-19 21:18 | 読書

ボーダー

今日は運動会の振り替え休日。会社をお休みしました♪
ただ、子が転んで怪我したので病院と、虫歯があるので歯医者。バタバタしそう。

---

一昨日読んだ、渡辺ペコ、とても良かったです!!
年も同じで、故郷も同じ、なにか親近感がわきます。

同作者の『ボーダー』も読みました。
ネタばれが含まれるので、もしこれから手にとってみようと思う方がいらしゃったら、以下は読まない方がいいかもです。


---

ボーダーは服のボーダーじゃなくて、性別の境界線のことです。
性別、男と女って、実は境界線は流動的ではないでしょうか。
男だって女の要素を持ってる人もいるし、女も同じですよね。

だけど、まったく自分の性と逆な自分がいたとしたら。。。
こればっかりは、当事者でないと、理解できないですね。


『ボーダ』を読んで思い出したのがこちら。
f0259550_20264326.jpg


たのしいせいてんかんツアー』『オカマだけどOLやってます』は、あっけらかんとこの問題を語っていて、深刻な要素はほとんどなく、軽い気持ちで読めます。

両性具有の話『性別が、ない!』はかなり下品ですが、こちらも明るく、だけど性別がコロコロ変わっていく感じで、不思議ではあります。

全部とても面白く興味深い、本・漫画です!


今日も夜はゆっくり何か読めればいいな(´∀`)


ランキング参加してますー。
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by mikkotakko | 2013-05-27 09:08 | 読書

多崎つくる 読了




今、読み終わった。
今日は休みだというのに、5時に目が覚めてしまって。

うーん。なんだろう。。。
ラストの新宿駅の描写とかはよかったし、話も途中までは面白かったんだけど。
静かな話でしたね。感情移入もできなかったし、物語が急展開することもない、春樹っぽい文体もほとんどないし。

『国境の南…』を読んだあとの感想と似ています。

『国境の南…』は数年後、読み返したら面白かった。
『多崎つくる』ももうちょっとあとに、また読んでみることにします。
[PR]
by mikkotakko | 2013-04-14 07:26 | 読書

多崎つくる

f0259550_1317071.jpg


今日は参観日で、会社早退してきて、買ってきました!
一ページ目をチラ見しただけで、どきどき。

あと、何回このドキドキを味わえるんだろう。
どうか、長生きしてください。


[PR]
by mikkotakko | 2013-04-12 13:19 | 読書

極北




会社の読書仲間の方に「翻訳モノだけど、とっても面白い」とオススメされた本。

最初、読みづらいな~。となかなか進まなかったのですが、物語が進んでいくうちに、どんどん魅了されて昨日、夜遅くに読み終わりました。

ネタバレすると、この本の魅力が半減するので、あまり物語については書かないけど、読後ずしんと重く心に響いてきます。

暗い中にも、希望もある。

春樹もあとがきで書いていたけど、予想をいい意味で裏切られました。

この本を春樹が訳してくれてよかったと思います。

四月の新刊、楽しみです~!!

[PR]
by mikkotakko | 2013-03-31 13:46 | 読書
大人気ですね。大草直子さん。

私も、大草さんのブログはちょこちょこ見て、参考にさせていただいてます。
一昨年あたりの冬はよく、コーデを真似していましたが、最近は、真似できないですが(もってないアイテムが多いので)

ソロモン流に出ていらっしゃった時も、すごい反響でしたね。

ただ、私の素直な感想は、ハキハキしてて仕事ができる女性って感じですが、もし一緒に仕事するとしたら、ちと怖いかな~って(笑) 小心者の感想ですね。。

うちの職場では、みんなわりと控えめなので、余計にそう思うのでしょうね。

もう今の職場で働いて六年くらい。この職場のことしかわからないです。
他の業界の仕事の雰囲気って、こんな感じなんだーと、テレビをみて思いました。


私が持ってる大草さんの唯一の本。




ヴァンテーヌという雑誌があったのですが、この雑誌が大好きでした。
小物使い、ベルトとかバッグとかがものすごいおしゃれで。
この雑誌がなくなったときは、がっかりしました。

大草さんがこの雑誌のスタイリストと知って、「なるほど」と思いました。

彼女のバッグなど、小物のセンスは、確かにヴァンテーヌだ!


「コーディネートは、前の日に選んでおく」と大草さん言ってましたが、その通りですよね。
わたしなんかは、いつも朝適当に選んでいるので、時間かかったり、
納得いかないことも多かったり。。

とりあえず、このブログも始めたことだし、前の日に考えてみよう。
[PR]
by mikkotakko | 2013-03-23 07:50 | 読書

島田順子スタイル

ファッション本で、驚かされたもの。



70歳で、こんなのありなの??と、はじめて見たとき、かなりびっくりしました。
ストッキングが嫌いで、きれいな素足で、スカートを履いて、最高に素敵な方です。
パンツスタイルも、ものすごく似合ってて、かっこいいです。

わたしなんか、35歳で、この方の半分の年齢なのに、もうすでに、「これは私には無理じゃないだろうか」とか、素足は色々大変~と、保守的になっていたと、気づかれました。

髪型も、真っ白な髪をボンバドール風にアップしてて、自然な感じになるように、なんでも鏡を見ないでさっとセットするそうですよ!

笑顔が素敵で、こんな風に年を重ねられるのなら、加齢だって、怖くないと思えるような本でした。

この方の動画とかあれば見てみたいな。
[PR]
by mikkotakko | 2013-03-22 00:02 | 読書