30代半ばの、日々の日記です。


by mikkotakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:お出かけ( 1 )

キッザニア

土曜日は、初めてキッザニアに行ってきました!

一部(9:00~15:00)と二部(16:00~21:00)がありまして、うちは予約の関係で二部にしました。

15時30分くらいにららぽーとについたのですが、すごい行列。。。
ららぽーとの端から端までくらいの行列です。

これは本当に16時に入れるのか、とみんなで不安になっていましたが、10分くらい前になると急に進み出してキッザニア入口が見えて、本当に16時入ることができました。

事前にネット上からクレジット支払いなので、オープンしたら一気に入れる仕組みなんでしょうね。入館説明も、初めてですと言ったにもかかわらず、ものすごい早口で一気に説明。
まあ、事前に少し調べて、なんとなく仕組みはわかっていたので、それでも問題は特になし。
ものすごい合理的に進んでいて、変なとこで感動しました(笑)

そして、お目当てのお店(ピザーラ)に行くも、予約して、2時間待ち!
16時開始なのに、仕事できるのは18時かぁと、先行き不安になりつつも、とりあえず飲み物でも飲みながらブラブラしていると、「すぐに体験できます!」と声がけしている資生堂のお姉さんを発見。
お仕事ではなかったのですが、ビューティーサロンのお客さんとして化粧水を塗ってもらう役をやることになりました。

タイミングさえ合えば、すぐ体験できるお仕事もあるので、思っていた以上にこなすことができました。

・劇場で星のナビゲーター
・ピザーラ(予約した)
・ヤクルトの研究員
・病院で新生児のお世話(予約した)

また、キッゾ(キッザニアで使えるお金)を払って
・エコショップでバック作り

あとは一番はじめの
・ビューティーサロンのお客さん


初めてにしては、いい感じではないかな~と十分満足しました。

ホントは、大きい声では言えないのですが、遊園地やディズニーも私は心のそこから好きなわけでなくて、子供に付き合ってあげているという意識があります(親も心から楽しめたら、幸せだろうなといつも思います)

そんな私でもキッザニアは、思いっきり楽しめました。

色んな職業を体験できて(まあ30分なのでほんと触りの部分だけですが)、その中で一つでも自分の中でピンとくるものをなんとなくでも見つけることができるなら、なんて素晴らしいんだと思います。

ここまで多様な職種の経験など、キッザニア以外ではなかなかできないのではないかと思います。

子供はピザーラが一番楽しかったと言っていました。
料理を好きなってくれたら、それもすごくいいなぁと思います。
美味しいものを作るのが楽しいっていうのは、周りの人を確実に幸せにすると思います。

次に楽しかったのは、ヤクルトの細菌を顕微鏡でみたりする、研究員の仕事と言っていましたが、こんな理系的なことにも興味をもてるんだな、新たな発見がありました。

こんなことを書くと、立派な仕事についてほしいと願う教育ママっぽいと思われるかもしませんが、もちろんそういうことも親なら誰でもちょっとは妄想したりもしますが(笑)、私は最終的な狙いはそこじゃなくて、先程も書きましたが「好きなことをみつけてほしい」という願いがあります。

好きなことを仕事にして、幸せな人生を送れたらそれがベストですが、好きなことを仕事にできなくても、仕事はお金のためと割り切るようになったとしても、「好きな趣味」を持っていて、それをやっていると幸せだなぁ~と思えることがあれば、じつは強く生きられるんじゃないかと思います。

その「好きな趣味」に助けられることが、人生で沢山あると思うのです。

キッザニアは、そういうことを見つけるきっかけになればいいなぁ~とすごく期待をしていて、私も楽しめたのでしょう。

まあ、そんなことをごちゃごちゃ考えなくても、自分の子供が赤ちゃんの沐浴させる姿をみたり(そんなことまずないですからねー)、劇場でスポットライトが当たる中、決められた役割をこなしてる姿を見れるだけで、大抵の親は嬉しいですよね。

f0259550_13551559.jpg
f0259550_13532600.jpg
f0259550_13515710.jpg
あー、ほんと面白かった!また行きたいな!!と珍しく私もノリノリでしたが、終わりに近づくにつれて、疲れが見え始めて元気がなくなてきました。
もしや!とおもいつつ、オデコに手を当てると、あつい!!
家に帰って熱を測ると39度!!

クラスでインフルが大流行してて、まさかね。。と思ってはいたのですが、
その話はまた後で。


















[PR]
by mikkotakko | 2014-02-03 13:57 | お出かけ