30代半ばの、日々の日記です。


by mikkotakko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フルート合宿

久しぶりのフルートネタです。

3拍4日のフルート合宿行ってきました。


マグナムトリオという、フルートが超絶うまい3人の先生の合宿だったのですが、めちゃくちゃ贅沢な時間でした。
帰ってきて、しばらくその思い出だけに浸っていたいくらい楽しかったです。

なんと、多久潤一朗先生、神田勇哉先生、梶原一紘先生、全員の先生から30分の個人レッスンを受けて、合同レッスンも数回、コンサートは二回、毎晩開催された(笑)飲み会でも先生方の素敵な演奏を聴けたし、アンサンブル大会もあったりでとにかく盛りだくさん。

ものすごく勉強になったし、フルート好きな方たちとも沢山お話できて、大満足の合宿でした!

はぁ~。

個人レッスンで面白かったのは、同じ曲を三人の先生に診てもらったのですが、曲の表現で、先生によって言ってることがまったく真逆だったこと(笑)
一人の先生は、曲が盛り上がるところ(ff)で感動するし、もう一人の先生は静かなところ(pp)で感動するとのこと。
どちらの先生が言ってることもすごくわかります。

先生たちが模範演奏してくれるのですが、これが素晴らしくて。。。
いい音で、表情豊かで。。音も大きくて、思い出すだけで、その時の感動が。。

私の今習ってる先生ってまったく模範演奏してくれないのですよね。5年くらいならったうちで、聞いたのも数えるくらい。

やっぱりバンバン吹いてくれる先生に習いたいなぁという気持ちにもなりました。

姿勢や重心などの基本的なことって今の先生に言われたことが一度もなかったのですが、今回は二人の先生に指摘されました。
うーん。やっぱりこういうこともちゃんとした先生に習ってみたい。

でも、曲にもっと感情を込めてってところは、同じ。調性が変わるところの意味とか、そういうことも今の先生と同じだなーと。

やっぱり今の先生は、技術についてはほとんど教えてくれなくて、表現の先生なんだなぁと。

ウォーミングアップの仕方(重心を左右にずらすとか、吹きながら後ろに歩くとか)
低音のH,C,D,Eの右小指の動きが苦手だったので、その練習方法とか、
早く指使いは、難しいほうの手を逆の足に重心を置くとか、
見た目(姿勢)とか、
高音のfisはのどの筋肉を使うとか
知らないことを沢山教えてもらって、すごくすごく参考になりました!


で、大好きな多久先生なんですが、緊張してうまく話せなかったです~。
幸運にも話しかけてくださったのに、頭が真っ白になって、何を話していいかわからず!!
もっと話すこととか考えておけばよかった。

昔から好きな人と話すのに、けっこう準備とかしとくタイプです(笑)


しかも最後の夜は、眠くて飲み会の途中でしたが、風呂に入って寝ようと思っていたら、すごく好きな曲を吹き始めたので、慌てて聴きに行ったら、お話する機会があったのに、風呂あがりのすっぴんが気になって。。。(もともと化粧も薄いのですっぴんでもたいしてかわんないかもしれないけど。。)


でも、多久先生はもちろん、神田先生も梶原先生も、ものすごく優しくて、かっこよくて、
三人とも大好きになってしまいましたよ。

神田先生なんて、最後、スーツケースを階段から降ろそうとしていたら、なんと下までもってくれたのですよ!!



あとは、フルート仲間とこんなにいっぺんに出会ってお話できたのは初めてで面白かった!
フルートやってる女の人ってきついという印象があって(笑)
大学の先輩の印象が強烈で(^^

でもいろんな性格の人がいました。
フルートやってるからこんな性格なんて、とても言えないです。



最後のコンサートもめちゃくちゃよかったなぁ。。

最後から二番目のしんみりした曲と、アンコールのビートルズのブラックバードが、「あぁ~合宿が終わってしまう」という切ない曲で。。


こんな素敵な三泊の合宿に行かせてくれた、子と旦那に感謝です!


f0259550_06162731.jpg
f0259550_06161298.jpg
f0259550_06154499.jpg





[PR]
by mikkotakko | 2014-11-27 19:55